学習支援ツール

学習支援ツール

Developer’s ToolBox for EtherNet/IP
Developer’s ToolBox for EtherNet/IPEtherNet/IPの新しい開発者に向けて設計されています。EtherNet/IP仕様の主要な部分学習し、ご自身のPCを使って機能を試すことができる統合学習環境となっています 

ソフトウェア・パッケージとして提供しているToolBoxは、EtherNet/IP仕様書とのクロスリファレンスとハイパーリンクによるEtherNet/IP短期入門コースや、PC上ですぐに基本的な仮想EtherNet/IPデバイスを開発できるバーチャル・ラボなどが含まれています。さらに、ODVA Conformance Test Softwareを使ったコンフォーマンス・テストをシミュレートして、開発した仮想デバイスを評価することもできます。 

Developer’s ToolBoxには以下ものが含まれています: 

  • Developer’s ToolBox フレームワーク
  • EtherNet/IP短期入門コース(EtherNet/IP仕様書とのクロスリファレンスを含む)
  • CIPエンジン
  • 動作デバイス・リファレンス
  • 体験型学習ラボとウィザード
  • オンライン・コミュニティ

Developer’s ToolBoxを注文する

以下の要件が必要です:

  • 所属する組織のTerms of Usage AgreementがODVAに登録されていなければなりません。まだTerms of Usage Agreementを提出していない場合は、書面を取り寄せて記入し、オンラインで提出してください。
  • ODVAは、最適な学習環境としてDeveloper’s ToolBox with The EtherNet/IPの利用を強くお勧めしています。もしEtherNet/IP仕様書のサブスクリプション契約をしていない場合やEtherNet/IPのVendor IDをお持ちでない場合は、一方あるいは両方を購入する必要があります。ご注文はこちらから行えます。

EtherNet/IP “Quick Start”開発者トレーニング・コース 
EtherNet/IP Quick Start for Vendors特にEtherNet/IPデバイスの開発プロセスを始めようとするエンジニアを支援することを目的としたトレーニング・コースです。製品の機能や実装方法、製品設計、テストなどについて説明するほか、EtherNet/IP仕様書を深く読み込むことできます。トレーニング・コースのスケジュールや今後のトレーニングに関する情報を確認するにはイベントをご覧ください。

CIP Safety “Quick Start”開発者トレーニング・コース 
CIP Safety開発者トレーニングは、特にCIP Safety機能を実装したデバイスの開発プロセスを始めようとするエンジニア支援を目的としたトレーニング・コースです。CIP Safety仕様書の詳細に入る前に機能安全ネットワークの概要ご説明します。エンジニアや製品マネージャは、このイベントを通じて、CIP Safetyテクノロジーの理解に加え、CIP Safety製品開発時の疑問や採用すべき方法などもご質問いただけます。レーニング・コースのスケジュールや今後のトレーニングに関する情報を確認するには、イベントをご覧ください。

PlugFest for EtherNet/IP
PlugFestODVAメンバーが主催する相互運用性のためのイベントです。EtherNet/IP製品ベンダの皆様に、多数の他の製品やインフラ・ベンダとともにご自身の製品について一連の相互運用性テストを行う機会を提供しています。PlugFestに参加の開発者は、相互運用で発生するかもしれない問題を事前に見つけることができ、フィールドで初めて問題が発見されるというような状況を防ぐことが可能になります詳しくはこちらをご覧ください。あるいはPlugFestのスケジュールや今後のPlugFestに関する情報を確認するには、イベントをご覧ください。