テスト・サービス

ODVAがODVA CONFORMANT™製品に対して発行するDeclaration of Conformity(適合宣言書:DOC)は、製品利用者のメリットだけでなく、Licensed Vendorすべてに等しくビジネスの機会をご提供するものです。ベンダは製品開発プロジェクトの開始時からこの重要なステップを計画に盛り込んで、どうすれば開発プロセスを通じてその要件を十分に満たすことができる考えておく必要があります

すべてのLicensed Vendorは、ODVAテクノロジーを利用して製造・販売する製品についてDOCを取得・維持することに同意しています。つまり、すべての製品がこの要求に従っているためODVAテクノロジーを利用する製品ODVA仕様書に準拠しており、複数のベンダ製品からなるシステムでも相互運用可能であるというベンダ非依存性が保証されています。そのため、ユーザーは自らのアプリケーション仕様に最適なベンダと製品を選ぶうえで、自由度が高まるというメリットが生まれます。 

ODVA2つの基準をもとにDOCを発行しています: 

  • Licensed Vendorとして、ODVATerms of Usage Agreementが規定したユーザーの義務を満たした製品を製造・販売しようという意志があること 
  • 製品実装ODVA仕様書に準拠しており、その製品にODVAの商標を適切に使用していること 

製品に対してDOCが発行されると、そのベンダは、製品の製造・販売ができる、製品のラベル表示やプロモーションにODVAテクノロジー・ブランドを正当に使用できる、製品にODVAの認証マークを使ってODVA CONFORMANT™と表示できる、といった重要な権利が得られます。 

適合の判定プロセスは、ODVAPolicy Regarding Compliant Products(適合製品に関するポリシー)と、ODVA刊行のTechnology Management for the Policy Regarding Compliant Products(適合製品に関するポリシーのための技術管理)が定める製品実装の具体的ユースケースによって管理・実施しています。 

ODVA TSPでのコンフォーマンス・テストに製品を提出する準備が整えば、その製品のDOC取得プロセスを始められます。 

コンフォーマンス・テストの実際

まずテストサービスを申し込む

DOC取得プロセスのスタートは、特定の製品についてまずテスト・サービスを申し込むことです。ODVAはサービスの申し込みを受け取って受理すると、そのテストファイル番号とCACAエンジニア)であるODVAエンジニア1人割り当てます。このCAエンジニアが、申し込みのあったサービスが終了するまでテストをサポートします。

CAエンジニアはサービス申込書に記載の技術関係連絡先に連絡して、テスト実施にあたってベンダからの提出が必要な追加資料を求めます。製品の適合性を決定するため、コンフォーマンス・テストを行うODVA認定TSP1つに対して、すべてのベンダは特定の追加資料とともに製品の代表サンプル提出する必要があります。製品ファミリに対する申込みであった場合は、テストのために提出が必要なファミリ製品の数を担当のCAエンジニアが最終的に決定します。ベンダは、テスト対象のサンプル製品への電源供給や設定に必要なハードウェアとソフトウェアすべてを用意する必要があること、TSPコンピュータへのいかなるソフトウェアのインストールもベンダには許されていなことに注意してください。 

テストの日程が決まり、製品サンプルがTSPに届くと、TSPのテストエンジニア(TSPエンジニア)がコンフォーマンス・テストを実施します。このTSPエンジニアは、対応するODVA総合コンフォーマンス・テストウェアを使って製品を評価し、製品に関するテスト・レポートを作、そのレポートをCAエンジニアに送り返します。担当CAエンジニアの報告をもとに、ODVA CA(コンフォーマンス諮問委員会)がそのテスト・レポートを他の提出資料と合わせて審査し、製品の適合性について最終判断を下します。 

このDOC取得に係る作業は、製品開発プロセスの最後に位置するため、この作業に要する時間を開発スケジュールに必ず組み込んでおいてください。テスト・サービスのリードタイムは最長8週間におよぶこともあります。具体的なテスト・シナリオに何日割り当てるかの概算を知りたい場合には、テスト申込みフォームのQuote(見積もり)オプションを使って、必要なサービスの予想される組合せを明確にしてODVAEメールで送信し、その組合せをもとにしたコンフォーマンス・テスト実施に必要な推定時間をお問い合わせください。 

 

TSPがコンフォーマンス・テストに使用するソフトウェアのほとんどは、サブスクリプションを通じてODVAから提供しています。TSPでテストを行う前に、担当CAエンジニアは、お客様自身がこのODVAコンフォーマンス・テスト・ソフトウェアを使って実施したテスト・レポートの提出を求めます。そのため、テスト・サービスを申し込む前に、同ソフトウェアを使って製品をテストし、事前にできるだけ問題を修正しておいてください。 

TSPエンジニアは、開発エンジニアとリモートで連携して、テスト プロセス中に発生する質問に対処し、問題を解決します。新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前は、開発者がコンフォーマンス・テストに同席するのが一般的でしたが、パンデミック期間中は、開発者の参加は原則として中止しています。 

DOCが発行されたら

DOCには明示的な有効期限はありませんが、以前に発行されたDOCの維持管理について、ODVAに“修正と再発行Amend and Restateを求める必要が生じるケースがあります。Policy Regarding Compliant ProductsAppendix A(附則Aが認める特定のケースでは、ODVA Conformance Authority(コンフォーマンス諮問委員会CA)は、テスト・サービスの申込みではなく、ベンダ提出資料CA審査することDOC“修正と再発行を求める申込みをベンダに認める場合があります。審査用資料だけを提出することが認められない維持管理ケースでは、ベンダは新規にテスト・サービス必要があります。